歯列矯正のメリットとデメリットを検証

コンプレックスを改善したい

気になっていた歯並び

歯並びが悪いと、自分の印象が悪くなることがあると理解してください。 ですから人前に出る機会が多かったり、お客さんと触れ合ったりする仕事をしている人は、矯正することをおすすめします。 さらに見た目が綺麗になるので、人前に出ることに抵抗を感じなくなります。

噛み合わせが良くなる

しっかりと食べ物を噛んで細かくするためには、歯の噛み合わせが非常に大事です。 歯並びが悪い人は噛み合わせも悪く、うまく食べ物を噛めなかったでしょう。 その結果胃に与える負担が大きくなり、様々な不調が起こっていましたが、矯正すれば問題はありません。

見た目の印象を良くする

歯列矯正のメリットは、見た目が綺麗になるという部分です。
歯並びが悪いことを気にして、人前に出ることを避けていた人がいるでしょう。
また歯並びが悪いことで、自分の印象が悪くなるかもしれません。
それが仕事に悪影響を与えるので、歯列矯正をした方が良いと言われています。
さらに、頭痛や肩凝りなどを改善できる場合が多いです。
これまで身体にそのような症状が起こっていた人は、歯医者で歯列矯正を受けましょう。

噛み合わせが良くなり、食べものをしっかり噛むことができます。
すると、胃に与える負担が少なくなる面がメリットですね。
これまでは食べ物を噛むのが苦手で、ほとんど噛まないまま飲み込んでいた人がいるでしょう。
それでは胃に与える負担が大きくなり、すぐお腹が痛くなったり、胃もたれを起こしたりしてしまいます。
さらに歯列矯正をすると、常に口を閉じていられます。
それが唾液の分泌量を増やすことに繋がり、口内の衛生環境が良くなります。

しかし矯正器具を付けることで、違和感を抱く人が多いです。
大きなストレスに感じる人もいるので、注意してください。
さらに歯を元の位置に戻す時に、痛みが生じやすいです。
最初のうちは口内炎ができやすいなど、デメリットが多いこと理解しましょう。
しかしほとんどの症状は、時間が経過することで改善されます。
時間が経過しても痛みや違和感が改善されない時は、すぐ医師に相談しましょう。
すると医師が、方法を変えてくれます。

デメリットがあることを理解しよう

事前に医師から歯並びを矯正している時に、どのようなデメリット発生するのか教えてもらいましょう。 痛みや違和感を抱くなどの問題がありますが、慣れたり時間が経過したりすることで気にならなくなります。 1か月ほど痛みが続く場合は、医師に相談してください。

TOPへ戻る